• HOME
  • ごあいさつ
  • 診療内容
  • クリニックご紹介
  • アクセス
【重要】インフルエンザワクチンが入荷いたしました。(1/11現在)
必ずお電話で事前にご確認の上、ご来院くださいますようお願い致します。
なお在庫がなくなり次第、予告なく終了する場合がございます。何卒ご了承ください。
インフルエンザの予防接種はお済みですか? アクセスよくある質問予診票ダウンロード当院の特徴

当院の予防接種の特徴

1.皮膚科診察の同時受診も可能

皮膚でお悩みのことでしたら、どんな事でもご相談ください。
インフルエンザ予防接種と同時に診察いたします。
インフルエンザ予防接種のみご希望の方もどうぞお気軽にお越しください。

2.予約不要

受付時間内に直接ご来院ください。
11月以降の平日夕方・土曜はお待たせすることがございます。
お時間に余裕を持ってお越しください。
インフルエンザ予防接種のみご希望の方は、優先的にお呼びします。

3.生後6か月以上より接種可能

ご家族全員で同時接種可能
13歳未満の方は2回接種が必要となります。

予診票(任意接種用)ダウンロード

こちらは任意接種用の予診票になります。
ご自宅で検温いただき、予め予診票をご記入の上ご来院いただきますと、優先してお呼びいたします。

大田区在住で65歳以上の方は、大田区の助成により1回2,500円で接種ができます。
区役所より郵送された専用の予診票にご記入の上、ご来院ください。

よくあるご質問(FAQ)

Q1.妊娠中でも予防接種はできますか?

インフルエンザワクチンは不活化ワクチンといって死んだワクチンを使用して作られているため毒性はありません。
そのため妊娠中に予防接種しても母体にも胎児にも影響は極めて低いとされています。
また妊娠中は抵抗力が低下しやすく、万が一インフルエンザにかかってしまった場合、
インフルエンザ治療薬の妊婦に対する安全性は確立していません。

Q2.インフルエンザワクチンの効果はどれくらい持続しますか?

個人差がありますが、接種後2週間から5か月程度効果が持続するとされていますので、早めの接種が効果的です。

Q3.2回接種する場合、2回目はいつから接種できますか?

2週間後から接種できます。

Q4.受験生ですが、2回接種したほうがいいでしょうか?

予防接種の効果は1回接種で64%、2回接種で94%です(※)。
受験生や仕事を休めない方などは念のため2回接種するのもひとつの方法です。
(※日本臨床内科医会インフルエンザワクチンの有効性の研究)

Q5.1か月以内に他のワクチンを接種した場合、接種できますか?

生ワクチンを接種した場合、28日以上の間隔をあけます。
(BCG、麻疹風疹(MR)、水ぼうそう、おたふくかぜなど)
不活化ワクチンを接種した場合、7日以上の間隔をあけます。
(4種混合、3種混合、2種混合、ヒブ、肺炎球菌、日本脳炎など)

Q6.保存剤が入っていないワクチンは接種できますか?

本年度は全国的に(水銀を含む保存剤)が入っていないワクチンが製造されていないため、
当院で全ての方にチメロサール入りワクチンを接種いたします。妊婦・小児の方も安心して接種いただけます。

その他の情報は、厚生労働省インフルエンザQ&Aをご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html

アクセス

  [ 住 所 ]
〒145-0073
東京都大田区北嶽町31-10御嶽山駅ビル2階

[ アクセス ]
東急池上線御嶽山駅より徒歩1分

[ TEL ] 03-5754-5855
アクセスマップ

アクセスマップ

このページのトップへ